• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス2013 International CES > 【CES 2013】レンズ一つで3Dを撮れるSamsungの交換レンズ、やはり液晶シャッターを採用

2013 International CES

【CES 2013】レンズ一つで3Dを撮れるSamsungの交換レンズ、やはり液晶シャッターを採用

  • 大槻 智洋=NE特約記者、台北科技市場研究
  • 2013/01/10 01:53
  • 1/1ページ
図1
図1
[画像のクリックで拡大表示]
図2
図2
[画像のクリックで拡大表示]
図3
図3
[画像のクリックで拡大表示]
図4
図4
[画像のクリックで拡大表示]
図5
図5
[画像のクリックで拡大表示]

 1つのレンズ・ユニットで2D撮影と3D撮影を切り替えられる韓国Samsung Electronics社の交換レンズは、小型液晶パネルを内蔵していた(図1)。時分割で右目用と左目用の画像/映像を取得するためである。

 Samsung社のミラーレス機用交換レンズ「NX 45mm F1.8 2D/3D」は、レンズ・ユニットの最後端に小型液晶パネルを備えており、それは二つの窓(光の通り道)を持つ。3次元画像/映像における右目用の窓を開き、左目用の窓を閉じれば、撮像素子の撮像部全体に右目用の窓を通過した光が当たる。左右の窓の切り替え頻度は60Hz。このため30フレーム/秒の3次元映像の撮影が可能になる。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓