デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

【CES 2013】ハードウエア・ベンチャーのCerevoがスマート電源タップ「OTTO」を発表

大森 敏行=日経エレクトロニクス
2013/01/09 16:45
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ネット家電の企画・開発を手掛けるCerevoは、デザイン性の高いスマート電源タップ「OTTO」の開発を発表した(プレスリリース 製品ページ)。スマートフォンから照明器具の調光を行ったり、機器の電源をオン・オフしたりできるもの。「2013 International CES」に試作機を展示する。

 AC100Vの電源ポートを8ポート備える。このうち2ポートは、調光可能な照明器具に接続することで、スマートフォンの「iPhone」や「Android」のアプリケーション・ソフトウエア(以下、アプリ)から調光を行える。残りの6ポートは、iPhone/Androidのアプリから通電のオン・オフを切り替えられる。8個のポートはすべて独立して操作できる。操作はインターネットを経由して行うため、外出先から機器の調光やオン・オフが可能。スマートフォンのアプリを起動してワン・タップするだけで、帰宅前に部屋の照明を付けたり、消し忘れたリビング・ルームの照明をベッド・ルームから消したりできる。

 曲面から構成された本体の内部にACアダプタを隠すことができる。MacBook ProのACアダプタ4個とiPhone/iPadのACアダプタ4個をすべて収納できる構造になっている。上部にはくぼみがあり、充電を行うスマートフォンなどをここに置くことができる。プロダクト・デザインは、英国の著名な工業デザイナであるRoss Lovegrove氏の1stアシスタントを務めた後に独立した柳澤郷司氏が担当した。

 内蔵する無線LAN機能はIEEE 802.11b/gに対応。定格容量は15A/125Vで合計1500Wまで。外形寸法は248mm×109mm×411mmで重さは未定。

 近日中にクラウド・ファンディング・サイト「Cerevo DASH」で開発資金の支援を募る計画。予定通り購入希望者が集まれば、2013年夏(8~9月)の発売を予定している。価格は未定だが、1万6000円前後を目標にしているという。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング