• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES 2013】富士フイルムが高級デジカメ「Xシリーズ」の新製品を2機種発表、ローパス・レスの新センサに

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2013/01/08 23:20
1/1ページ
図1 「FUJIFILM X100S」(右)と「FUJIFILM X20」(左)。
図1 「FUJIFILM X100S」(右)と「FUJIFILM X20」(左)。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 富士フイルムは、デジタル・カメラの高級機「Xシリーズ」の新製品を2機種発表した。2013年1月8日に米国ラスベガスで開幕する民生機器の展示会「2013 International CES」の前日に開催した記者発表会で詳細を明かし、実機を初披露した。

 いずれもコンパクト型デジタル・カメラで、名称は「FUJIFILM X100S」と「FUJIFILM X20」である(図1)。X100Sは「FUJIFILM X100」の後継機で、35mmフィルム判換算で35mm単焦点レンズを備える。開放F値は2。X20は「FUJIFILM X10」の後継機で、35mmフィルム判換算で28~112mmの光学4倍ズーム・レンズを備える。従来機から撮像素子と画像処理エンジンを刷新することで「さらなる高画質と高速性能を実現した」とする。米国では2013年3月に販売を開始する。価格はX100Sが1299米ドル、X20が米599ドルの予定。

スマートフォンと一眼レフ・カメラの間を埋める


 記者発表会で登壇した富士フイルムのToshi Iida氏(同社 Electronic Imaging Products DivisionのWorld Wide Marketing Manager)は、写真業界の状況として年々、世界中で撮影される写真の枚数が伸び続けていることを紹介。2012年は「4000億万枚以上の撮影がされた」(同氏)という。撮影枚数の増加を支えているのが「手軽に撮影できるスマートフォンと、高画質がウリの一眼レフ・カメラの市場拡大」(同氏)である。こうした状況に対して、「スマートフォンと一眼レフ・カメラの間を埋める第3のカテゴリへのアプローチ」(同氏)として開発したのがX100SとX20だと位置付けた。X100SとX20の開発で注力したのが、「Quality(画質)」「Style(スタイル)」「Speed(スピード)」の3点だったと説明した。

 最大の特徴は撮像素子で、「X-Trans CMOS II」を新開発してX100SとX20に搭載した。X100SはAPS-Cサイズの有効1630万画素品、X20は2/3型の有効1200万画素品である。まず、カラー・フィルタの配列を工夫することでローパス・フィルタを無くした。X100Sでは、X100に比べて「25%の高解像度化と30%のS/N比の改善を達成した」(同社)とする。これは同社のミラーレス・カメラに搭載する「X-Trans CMOS」から継承している。

 今回はさらに、CMOSイメージ・センサ上に位相差画素を内蔵し、位相差AF(オート・フォーカス)を実現した。X100Sでは0.08秒、X20では0.06秒という高速なAFを実現した。被写体やシーンに応じてコントラストAFと切り替える機能を備える。

 この他、X100SにはMF(マニュアル・フォーカス)向けに「デジタルスプリットイメージ」と呼ぶ機能を搭載した。画像中央部分の像を左右にずらして表示し、ピントを合わせると徐々に像が一致するもの。高精度の高いピント合わせが可能になるとする。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング