ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

【CES 2013】カシオ、北米市場のサイネージ事業に参入

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2013/01/08 23:10
印刷用ページ
図1 「Casio Signage」の一例
図1 「Casio Signage」の一例
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 カシオ計算機は、2013年1月末に北米市場でデジタル・サイネージ事業に参入する。2013年1月8日に米国ラスベガスで開幕する民生機器の展示会「2013 International CES」の前日に米Casio America社が開催した記者発表会で発表した。

 カシオ計算機は2012年11月末にデジタル・サイネージ製品「カシオサイネージ」を発表し、日本市場での事業展開を開始している。今回、同様の事業を北米市場でも展開することを決めた。北米市場での呼称は「Casio Signage」。

 カシオサイネージは、DLP(Digital Light Processing)方式のプロジェクタで、キャラクターや人物の形をした本体前面のスクリーンに背面から顔の映像などを投影し、来店者に語りかけて商品やキャンペーンなどの説明・広告に使うもの(図1)。飲食店や各種販売店などの店頭カウンターへの設置を想定する。

 日本市場では100万円で販売しており、「数社との契約がまとまっている」(同社)という。北米市場では「1万米ドル程度になる予定」(同社)で、今回のCESを皮切りに営業活動を開始する。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング