半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

【CES 2013】USBで100W給電、実機に近い「USB PD」のデモを公開

高橋 史忠=Tech-On!
2013/01/07 18:30
印刷用ページ
開発したUSB PD対応の試作機による実演の様子
開発したUSB PD対応の試作機による実演の様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 USBの普及促進団体「USB Implementers Forum(USB IF)」は、同インタフェースで最大100Wの電力を機器に供給できる新仕様「USB Power Delivery Specification(USB PD)」の機能を組み込んだ、ノートパソコンと液晶ディスプレイの試作機を開発した。米国ラスベガスで2013年1月8日(現地時間)に開幕する「International CES 2013」に出展する。同月6日(同)に開催された報道関係者向け事前イベント「CES Unveiled」で試作機の実演を見せた。

 USB PDは、USB 3.0の標準化を進める「USB 3.0 Promoter Group」が2012年7月に策定した仕様。これまで最大4.5W(データ送受信が可能な状態)だった機器への電力供給を最大100Wに引き上げることで、LED照明やパソコンといったさまざまな機器での利用を目指している。家庭やオフィスで利用している既存の電源コンセントの姿を変える可能性を秘めているとして、注目を集める技術だ。

 今回開発したのは、市販のノートパソコンと液晶ディスプレイを改造し、USB PDの機能を実現する回路を内蔵した試作機である。外見上は、普通のノートパソコンや液晶ディスプレイとほとんど変わらない。USBを用いたデータ伝送用のLSIは、米DisplayLink社の試作チップを用いたという。電力供給用のLSIの開発元は明らかにしなかった。

 実演では、USB PDを用いて液晶ディスプレイからノートパソコンに対して65Wの電力を送電し駆動する様子を見せた。同時に、ノートパソコンで再生した動画をUSBを介して液晶ディスプレイに送信。液晶ディスプレイの画面で動画を表示し、USBケーブル1本でデータと電力の両方を送れることをアピールした。液晶ディスプレイには通常の電源コンセントから電力を供給していた。設定を変えることで、ノートパソコン側から液晶ディスプレイに電力を供給することも可能という。

 USB IFの担当者は、今回の試作機と同様の機能を備えたUSB PD対応機器が製品化される時期を「1年後くらいになるのではないか」との見通しを示した。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング