デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

【CES 2013】カートリッジ1個でスマホ2週間分を充電、携帯型燃料電池を米ベンチャーが開発

高橋 史忠=Tech-On!
2013/01/07 17:47
印刷用ページ
Lilliputian社が開発した携帯型燃料電池。写真手前で女性が手にする箱型の装置が本体。中央付近の円筒型の物体が燃料カートリッジ。
Lilliputian社が開発した携帯型燃料電池。写真手前で女性が手にする箱型の装置が本体。中央付近の円筒型の物体が燃料カートリッジ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 小型燃料電池を開発する米国のベンチャー企業のLilliputian Systems社は、燃料カートリッジ1個でスマートフォンを十数回フル充電できる携帯型の燃料電池を開発した。米国ラスベガスで2013年1月8日(現地時間)に開幕する「International CES 2013」に出展する。同月6日(同)に開催された報道関係者向け事前イベント「CES Unveiled」で試作機をデモしてみせた。2013年夏に299.99米ドルで発売する。

 製品名は「Nectar Mobile Power System」。装置の外形寸法はほぼ手のひらサイズで、燃料にはブタンを使う。円筒型のカートリッジ1個当たりの発電容量は55Wh。一般的なスマートフォンならば、1個のカートリッジで10~14回ほど充電できるという。燃料カートリッジ1個の価格は9.99米ドル。「普通のユーザーならば、コーヒー2~3杯分の価格で2週間は持つ」と、Lilliputian社の担当者は話している。

 発電セルはSOFC(固体酸化物型燃料電池)方式を採用した。Lilliputian社が「Generator Chip」と呼ぶSiベースのMEMSチップをセルのコア技術として用いることで小型化した。USBケーブルでスマートフォンなどを接続して充電する。既に商用の航空機に持ち込むための認可をICAO(国際民間航空機関)や米運輸省から得ている。

 Lilliputian社は、米Massachusetts Institute of Technology(MIT)の研究者が設立したベンチャー企業。ベンチャー・キャピタルなどから1億米ドルを超える出資を受けている。2012年5月には、米国の小売り企業のBrookstone社と製品の販売やマーケティング関連で提携していた。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング