• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ2013 International CES > 【CES 2013】カートリッジ1個でスマホ2週間分を充電、携帯型燃料電池を米ベンチャーが開発

2013 International CES

【CES 2013】カートリッジ1個でスマホ2週間分を充電、携帯型燃料電池を米ベンチャーが開発

  • 高橋 史忠=Tech-On!
  • 2013/01/07 17:47
  • 1/1ページ
Lilliputian社が開発した携帯型燃料電池。写真手前で女性が手にする箱型の装置が本体。中央付近の円筒型の物体が燃料カートリッジ。
Lilliputian社が開発した携帯型燃料電池。写真手前で女性が手にする箱型の装置が本体。中央付近の円筒型の物体が燃料カートリッジ。
[画像のクリックで拡大表示]

 小型燃料電池を開発する米国のベンチャー企業のLilliputian Systems社は、燃料カートリッジ1個でスマートフォンを十数回フル充電できる携帯型の燃料電池を開発した。米国ラスベガスで2013年1月8日(現地時間)に開幕する「International CES 2013」に出展する。同月6日(同)に開催された報道関係者向け事前イベント「CES Unveiled」で試作機をデモしてみせた。2013年夏に299.99米ドルで発売する。

 製品名は「Nectar Mobile Power System」。装置の外形寸法はほぼ手のひらサイズで、燃料にはブタンを使う。円筒型のカートリッジ1個当たりの発電容量は55Wh。一般的なスマートフォンならば、1個のカートリッジで10~14回ほど充電できるという。燃料カートリッジ1個の価格は9.99米ドル。「普通のユーザーならば、コーヒー2~3杯分の価格で2週間は持つ」と、Lilliputian社の担当者は話している。

 発電セルはSOFC(固体酸化物型燃料電池)方式を採用した。Lilliputian社が「Generator Chip」と呼ぶSiベースのMEMSチップをセルのコア技術として用いることで小型化した。USBケーブルでスマートフォンなどを接続して充電する。既に商用の航空機に持ち込むための認可をICAO(国際民間航空機関)や米運輸省から得ている。

 Lilliputian社は、米Massachusetts Institute of Technology(MIT)の研究者が設立したベンチャー企業。ベンチャー・キャピタルなどから1億米ドルを超える出資を受けている。2012年5月には、米国の小売り企業のBrookstone社と製品の販売やマーケティング関連で提携していた。

【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ