• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIEDM 2012 > 【IEDM】Everspin、サンプル出荷を始めた64MビットSTT-MRAMの特性を披露

IEDM 2012

【IEDM】Everspin、サンプル出荷を始めた64MビットSTT-MRAMの特性を披露

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/13 16:23
  • 1/1ページ
 米Everspin Technologies社は、「IEDM 2012」において同社が2012年11月にサンプル出荷を始めた64Mビットのスピン注入磁化反転型MRAM(STT-MRAM)のチップ特性を紹介した(論文番号29.3)。エラーなく書き換え/読み出しを実行できることや、書き換え電圧とブレークダウン電圧を30σものマージンで分離できていることなど、動作信頼性の高さをアピールした。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓