• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIEDM 2012 > 【IEDM】Samsungが大容量3次元ReRAMに向けた記憶素子を開発、多値化のポテンシャルも実証

IEDM 2012

【IEDM】Samsungが大容量3次元ReRAMに向けた記憶素子を開発、多値化のポテンシャルも実証

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/12 17:27
  • 1/1ページ
 韓国Samsung Electronics社は、NANDフラッシュ・メモリをしのぐ大容量の3次元ReRAM(抵抗変化型メモリ)の実現に向けた記憶素子技術を開発した(論文番号20.8)。書き換え電流が1μA未満と小さいことに加え、電流-電圧特性の非線形性が強く、非選択セルへの電流の回り込みを防ぎやすい。書き換え回数は107回以上を確認した。電流コンプライアンスの条件を変えることで、2ビット/セルの多値化が可能であることも示した。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ