• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIEDM 2012 > 【IEDM】Intel、22nm世代FinFETを用いたモバイル機器向けSoC技術を発表

IEDM 2012

【IEDM】Intel、22nm世代FinFETを用いたモバイル機器向けSoC技術を発表

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/11 16:03
  • 1/1ページ
 米Intel社は、22nm世代のFinFET(トライゲート)技術を用いたモバイル機器向けSoC(system on a chip)技術を開発した(論文番号3.1)。SoCを構成する高速ロジック/低電力ロジック/高電圧回路向けにそれぞれ特性を合わせこんだ複数種類のFinFETを、同一チップ上に集積できるようにしている。加えて、ゲート・スタック構造の最適化などにより、高い動作速度と低いリーク電流を両立した。低電力ロジック向けFinFET技術を用いて作製した380MビットSRAMは、電源電圧1Vでの最大動作周波数が2.6GHz。メモリ・セル当たりの待機時リーク電流は、32nm世代の低電力ロジック向けプレーナFET技術の約1/5に当たる10pAである。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓