• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIEDM 2012 > 【IEDM】ルネサスがp型のアモルファス酸化物半導体でトランジスタ動作を確認、将来のCMOS化に道

IEDM 2012

【IEDM】ルネサスがp型のアモルファス酸化物半導体でトランジスタ動作を確認、将来のCMOS化に道

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/10 12:00
  • 1/1ページ
 ルネサス エレクトロニクスは、p型のアモルファス酸化物半導体でトランジスタ動作を確認した[講演番号18.8]。これまで開発が先行していたn型アモルファス酸化物半導体ベースのトランジスタと組み合わせて、CMOS回路を実現できる可能性がある。なお、今回の論文は競争率が高いことで知られるIEDMのLate Newsに採択された。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ