• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIEDM 2012 > 【IEDM】ルネサスがp型のアモルファス酸化物半導体でトランジスタ動作を確認、将来のCMOS化に道

IEDM 2012

【IEDM】ルネサスがp型のアモルファス酸化物半導体でトランジスタ動作を確認、将来のCMOS化に道

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/10 12:00
  • 1/1ページ
 ルネサス エレクトロニクスは、p型のアモルファス酸化物半導体でトランジスタ動作を確認した[講演番号18.8]。これまで開発が先行していたn型アモルファス酸化物半導体ベースのトランジスタと組み合わせて、CMOS回路を実現できる可能性がある。なお、今回の論文は競争率が高いことで知られるIEDMのLate Newsに採択された。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ