• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログISSCC 2013 > 【ISSCCプレビュー】RF:多くのアプリーケーション分野でIC集積度が着実に向上

ISSCC 2013

【ISSCCプレビュー】RF:多くのアプリーケーション分野でIC集積度が着実に向上

  • 山脇 大造=ルネサス モバイル
  • 2012/12/03 16:07
  • 1/1ページ
 「ISSCC 2013」のRF分野では、GHz帯アナログ回路技術を駆使した回路の小面積化技術、歪低減化技術、ミリ波・THz帯応用や周波数生成技術などで注目すべき発表がある。今回は、ミリ波・THz帯、携帯電話、イメージング等の多くのアプリーケーション分野でIC集積度が着実に向上すると共にシステムを構成する要素回路性能の向上が見られる。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ