• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計ITC(International Test Conference)2012 > 【ITC 2012】A-D変換器のスペクトラム・テストを低コストで行う手法、Iowa State大が提案

ITC(International Test Conference)2012

【ITC 2012】A-D変換器のスペクトラム・テストを低コストで行う手法、Iowa State大が提案

  • 大河原秀雄=アドバンテスト
  • 2012/11/15 19:50
  • 1/1ページ
 A-D変換器のスペクトラム・テストを低コストで行う手法を、米Iowa State Universityが、「ITC(International Test Conference) 2012」(2012年11月4日~9日に米国で開催)のポスター・セッションで提案した。タイトルは「A Low-Cost Spectral Testing Method for Analog-to-Digital Converters with Amplitude Clipping and Noncoherent Sampling」(ポスター番号PO19)である。
【技術者塾】
「決定版! アナログ回路技術者に必須のオペアンプを完全理解」(2016年6月23日(木))


オペアンプを基礎から十分に理解できていなければ、アナログ回路を設計したり応用したりすることはできません。本講座では、オペアンプの役割から詳細設計、実際に使用されているオペアンプの応用までを1日でマスターします。詳細は、こちら
日時:2016年6月23日(木)10:00~17:00
会場:化学会館(東京・御茶ノ水)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ