エネルギー
 

【パリショー】Hyundai社、「FCV開発の重要性は最も高い」、2012年末からリース販売開始

清水 直茂=日経Automotive Technology
2012/10/04 16:00
印刷用ページ
 韓国Hyundai Motor社は、燃料電池車(FCV)「ix35 Fuel Cell」を2012年末からリース販売することを「パリモーターショー2012」で発表した。既に、デンマークやスウェーデンの自治体とリース販売の契約を結んだ。同社CEOのChung Mong Koo氏は、FCVの開発を「社内で最も重要性が高いプロジェクト」と位置付ける。2015年までに、韓国の蔚山工場で1000台を生産する計画だ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング