• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマパリモーターショー2012 > 【パリショー】Volkswagen社、新型「Golf」の低燃費車「BlueMotion」を発表、高出力モデルも

パリモーターショー2012

【パリショー】Volkswagen社、新型「Golf」の低燃費車「BlueMotion」を発表、高出力モデルも

  • 清水 直茂=日経Automotive Technology
  • 2012/10/02 13:48
  • 1/1ページ
図1 Golf BlueMotionの外観(3ドアモデル)
図1 Golf BlueMotionの外観(3ドアモデル)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツVolkswagen社は、2012年9月4日に発表した新型「Golf」の低燃費モデル「Golf BlueMotion」を「パリモーターショー2012」に出展した(図1~3)。欧州複合モード燃費は約31.3km/L(3.2L/100km)に達する。2013年夏ごろに発売する予定。

 排気量1.6Lのターボチャージャ付きディーゼルエンジン「EA288」シリーズを搭載。最高出力は81kW、最大トルクは250N・m。アイドリングストップ機能を採用し、CO2排出量は85g/kmである。Volkswagen社がGolfにBlueMotionを初めて設定したのは2007年末で、2009年に2代目を発売した。今回の車両は3代目に当たる。先代の燃費は約26.3km/L(3.8L/100km)だった。なおベース車であるGolfの燃費は約20.8L/km(4.8L/100km)。

 BlueMotionでは燃費を高めるため、高張力鋼板を多く使って先代と比べシャシーの質量を26kg、ボディの上を37kg軽くした。さらに空力性能ついては車高を15mm低くし、下の床の形を工夫するなどしてCd値を従来比10%減の0.27にした。

 また、高出力モデルの「Golf GTI」についてもあわせて発表した(図4)。2013年の初頭に発売する計画。「EA888」シリーズの排気量2.0Lで直噴式のターボチャージャ付きガソリンエンジンを搭載する。最高出力は162kW、最大トルクは350N・m。6速手動変速機と組み合わせた仕様の燃費は約16.7km/L(6L/100km)。

図2 横から
図2 横から
[画像のクリックで拡大表示]
図3 後ろから
図3 後ろから
[画像のクリックで拡大表示]
図4 Golf GTIの外観
図4 Golf GTIの外観
[画像のクリックで拡大表示]
【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ