• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

「アトム保育器」開発物語 PART1

世界で最も低い新生児死亡率の実現に寄与した

2015/04/24 00:00
福山 健=日医文化総研
出典: 「知遊」第19号,2013年1月発行 ,pp.52-63 (記事は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります)

「国賓級の重要人物を空港まで無事にお送りするのが任務の警視庁のパトカーが、保育器を先導するなんて……」。こんな前代未聞の出来事が、日本で初めて五つ子が誕生したときに起こった。

「わが社の保育器がパトカーに先導される光景は、全社員の誇りであった」という伝説が語り継がれるアトムメディカルの保育器は、新生児死亡率において日本が世界で最も低い国になることにも大きく寄与している。

さまざまな困難に直面する周産期医療の現場をサポートするアトム保育器もまた、一つの理念に支えられている。To Save a Tiny Baby Life―「小さな生命(いのち)を救うために」(文中敬称略)

保育器開発のあゆみを語るアトムメディカルの松原一雄社長。机上にあるのは裸のベイビーが並ぶペイパークラフト。
写真:アトムメディカル

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング