半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 
「JOLED」設立合意から見えること――JDI、ソニー、パナソニックが日本のOLED技術を結集

「JOLED」設立合意から見えること――JDI、ソニー、パナソニックが日本のOLED技術を結集

中根 康夫=ドイツ証券
2014/08/20 00:00
印刷用ページ

 産業革新機構とジャパンディスプレイ(JDI)、ソニー、パナソニックの4社は、有機EL(OLED)の開発加速と事業化を目指し、各社の研究開発機能を統合し、「JOLED」を設立することで合意した(関連記事)。2015年1月の発足を目指す。

 JOLEDの議決権は産業革新機構が75%、ジャパンディスプレイが15%、ソニーとパナソニックが5%ずつを保有する予定。同社が手掛けるのは、タブレット端末や軽量・薄型ノートパソコン、サイネージ(曲面や視認性などの優位性を生かす)などに向ける有機ELパネルである。フレキシブル有機ELパネルにも取り組む計画だ。開発のめどがついた時点で、試験ライン構築に向けて産業革新機構とジャパンディスプレイが追加出資する予定という。

 設立される新会社に対するドイツ証券の見解は次の通りである。発足時は、ソニーの東浦工場(低分子蒸着)、パナソニックの姫路試作ライン(高分子インクジェット)は含まず、研究開発機能のみの統合となる見通し。実際の運営はジャパンディスプレイが主体になると見るのが自然だろう。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング