半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 
マイコンだけではなく、アナログICやパワー半導体にも目を向けるべき

マイコンだけではなく、アナログICやパワー半導体にも目を向けるべき

日本の車載半導体はどこまで強いのか【大山 聡氏】

2014/08/21 00:00
印刷用ページ

 半導体の技術と業界の今と未来を、さまざまな視座にいる識者が論じる「SCR大喜利」、今回のテーマは「日本の車載半導体はどこまで強いのか」である。

 日本の半導体メーカーが世界の車載半導体市場で強さを発揮できるのか見極める。今回のSCR大喜利では、日本の半導体メーカーの車載半導体事業が、世界の半導体メーカーとの競争の中で、どのように活路を求めて行ったらよいのか探る。今回の回答者は、連載中の「大山 聡の勝手にコンサル」でもおなじみのIHSグローバルTechnologyの大山聡氏である。

大山 聡(おおやま さとる)
IHSグローバル Technology 主席アナリスト

1985年東京エレクトロン入社。1996年から2004年までABNアムロ証券、リーマンブラザーズ証券などで産業エレクトロニクス分野のアナリストを務めた後、富士通に転職、半導体部門の経営戦略に従事。2010年より現職で、二次電池をはじめとしたエレクトロニクス分野全般の調査・分析を担当。

【質問1】日本の半導体メーカーは、今後も車載半導体での強みを維持できるのか?
【回答】できる。ただし各社とも一斉に車載市場に注目し始めたので、当面は混乱が続く見込み

【質問2】日本の半導体メーカーが、車載半導体事業を維持・成長させるために、改善すべき点はどこか?
【回答】アナログおよびパワーデバイスの品揃えが不足しているので、各社ともここを強化すべき

【質問3】海外の自動車メーカーを顧客とするために、日本の半導体メーカーは何をしたらよいのか?
【回答】ドイツの車載機器メーカーのニーズを詳細に把握するために、ヒト、モノ、カネを注ぎ込むべき

【質問1の回答】できる。ただし各社とも一斉に車載市場に注目し始めたので、当面は混乱が続く見込み

 今後の車載システムの市場では、制御系の機器に情報系の機器が加わって、複雑な車載ネットワークが形成されるようになる。半導体メーカーはデバイス単体の機能だけで勝負するのでなく、車載ネットワークの制御、セキュリティの管理、画像データのリアルタイム処理など、ソフトウェアを含めたシステム技術が重要な評価ポイントになる、と考えるべき。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング