デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 
LG Displayの4~6月期は増収増益、7~9月期もApple向けや4Kパネルを牽引役に増益見込む

LG Displayの4~6月期は増収増益、7~9月期もApple向けや4Kパネルを牽引役に増益見込む

中根 康夫=ドイツ証券
2014/08/08 00:00
印刷用ページ

 TFT液晶パネル大手の韓国LG Display社は、2014年度第2四半期(4~6月期)決算を発表した。売上高は5兆9790億ウォン(YOY-9%、QOQ+7%)、営業利益は1630億ウォン(YOY+75%、QOQ-55%)、当期純利益は2560億ウォン(YOY黒字転換、QOQ+144%)だった。売上高は、平均販売価格が前四半期比で下落したことやウォンレートの上昇などのマイナス要因があったものの、数量効果が補ってQOQ+7%の増収である。中国広州のG8工場の減価償却計上を開始したこともあり、売上総利益率はQOQ横ばいの11.9%、営業利益率は同+1ポイント増の2.7%と、わずかな増益にとどまった。

 稼働率は「90%以上でフル稼働に近い」としており、ガイダンス(QOQ横ばい)に沿った線とみられる。前四半期の稼働率は96~99%程度である。第2四半期末の在庫は1兆9840億ウォンとQOQ-10%。在庫回転日数(期首期末平均、原価ベース)は第1四半期における40日から36日へと、QOQで4日程度低下した。EBITDAマージンは16.9%で、YOY-3.2ポイント、QOQ-1.3ポイントである。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング