半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 
iPhone 6生産は4.7/5.5型ともに一歩前進も、発売に向け依然として予断許さず

iPhone 6生産は4.7/5.5型ともに一歩前進も、発売に向け依然として予断許さず

中根 康夫=ドイツ証券
2014/08/07 00:00
印刷用ページ

 2014年7月末時点の次期iPhone(iPhone 6)のバリューチェーンの動きをみる限り、4.7型(326ppi)と5.5型(401ppi、フルHD)ともに、ドイツ証券(以下、当社)が想定した最速スケジュールに対して1カ月程度遅れている。この見方は従来通りである。ただし、6月時点に比べると部品や完成品の出荷立ち上がりがさらに遅れるリスクが高まっている、という印象だ。

4.7型は液晶モジュール部材に供給の遅れ

 4.7型向け液晶パネルは、量産立ち上げが最も早い日本のパネルメーカーのケースで、2014年5月に量産(アレイ工程のガラス投入)が始まった。ただし、後工程(モジュール)の方に、バックライト関連を中心に部材供給の遅れが見られる。一部にフィルムの仕様変更やバックライトの設計変更などの影響もあり、6月中は結局、モジュールとしての出荷はほとんどなされなかった。出荷の本格化は7月後半以降と想定していたが、7月22日時点でパネルモジュールとしての認定がまだおりていないと見られる。7月に出荷が始まったとしても、少量に終わる可能性が高い。

 残りの2社(日本と韓国1社ずつ)も順次量産を開始しており、先行メーカーから若干遅れて出荷を開始するとみられる。また、2社の液晶パネルは、主に以下の3つの理由から予断を許さない状況が続く。1)ネガ液晶材料や光配向プロセスなどの新技術を採用しており、セル工程での歩留まりが未知数、2)各社ともG6工場での生産が主体であり(一部はG5.5またはG4.5)、生産の難度が高い、3)上述のとおり、モジュール部材の動きがアレイ工程に比べて遅い。

 現時点では、7月のパネル出荷数量は最大で200万枚程度、7~9月期全体でも2200万枚程度とみている。7月~8月上旬の想定出荷分には下振れリスクがある。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング