家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

中国製“爆安”タブレットはスリルがいっぱい

柏尾 南壮=フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ
2014/07/14 00:00
印刷用ページ

 世界の工場、中国。日本や先進国も多くの製品を中国で作っている。これらはメーカーの厳しい監督のもとに製造されているため「Made in China」と書いてあっても安心して使用できる。しかし中国企業の企画による「リアル中国製品」となると話は別だ。

 先進国の製品は、何重にも安全対策が施されている。何事もなければ日の目を見ることなく終わる安全対策だが、このおかげで“バンジージャンプ”のようなスリルを味わわずに製品を使用できる。しかし、リアル中国製品が「カネにならない部分」にリソースを割いてくれているとは限らない。

 中国のローカルメーカーであるTelclast社製の10.1インチタブレット「Teclast tPad A11」は、クアッドコアプロセッサ、2GバイトのDRAM、16Gバイトの記憶領域を搭載しながら価格は160USドル。先進国の同サイズの製品に比べると、3分の1程度の廉価である。

Teclast tPad A11
ごく普通のタブレット。10.1インチで160ドルは安い
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング