• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ自動運転/ADASエディターズ・ノート > ハイビーム制御、夜間の歩行者にも対応を

エディターズ・ノート

ハイビーム制御、夜間の歩行者にも対応を

  • 小川 計介=日経Automotive Technology
  • 2014/07/08 05:00
  • 1/1ページ
 自動車メーカー各社が歩行者検知に対応した安全システムの開発や実用化に力を入れています。検知した歩行者との衝突の可能性が高まるとドライバーに警報を出したり、自動ブレーキを作動させて衝突回避を支援するものです。今後の開発の方向性として、夜間の歩行者を検知した場合は、ハイビームの照射範囲を制御して、歩行者にまぶしくないように制御したり、必要なエリアは逆に明るくするといった機能を期待したいです。
【技術者塾】(5/19開催)
クルマの軽量化の切り札 CFRPを使いこなす

材料物性から成形、設計、製品事例までを徹底理解


トヨタ自動車の「レクサスLFA」のCFRP製ボディーを開発した講師が、自動車メーカーの開発の考え方や、CFRPの材料物性や成形法、クルマへの適用事例などについて解説。CFRP製品の設計や生産技術の開発に必須の知識を1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月19日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経ものづくり

おすすめ