お薦めトピック

Appleのウエアラブル端末「iWatch」の目玉機能は健康管理か?

IT各社が注力する血糖値モニターの市場とは

2014/07/11 00:00
小久保 重信=ニューズフロント

 かねて噂されている米Appleの腕時計型ウエアラブル端末「iWatch」に関する報道がここのところ盛んになっている。米Wall Street Journalは6月下旬、iWatchについて新たに四つの情報が明らかになったと伝えた。

 次のようなものだ。

(1)10個以上のセンサーを搭載し、ユーザーの健康・フィットネスのデータを計測する
(2)ユーザーの好みに合わせ、サイズの異なる複数の端末が用意される
(3)台湾Quanta Computer(広達電脳)が2~3カ月後に量産を開始
(4)発売は今年秋

 このWall Street Journalの報道に先立つ6月中旬、複数の海外メディアが英Reutersの報道を引用し、iWatchは7月にも量産が始まる見込みだと伝えた。こちらの報道でも生産を請け負うのは、台湾のQuanta Computerだ。

 ReutersによるとiWatchは、ディスプレーの大きさが現行の「iPod nano」と同じ対角2.5インチ(6.35cm)になり、これまで伝えられていた1.3~1.5インチよりも大きい。画面は長方形に近い形で、盤面はバンド部分から若干張り出すアーチ型。タッチインタフェースや、脈拍を測定するセンサーを備え、ワイヤレス充電も可能だという。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング