ビッグデータ・M2M・IoT 新たな価値をもたらすITの最前線
 

PCIe SSD

超高速の半導体ストレージ、サーバー機からPCまで幅広い用途に展開

大下 淳一=日経テクノロジーオンライン
2014/07/04 00:00
印刷用ページ

 サーバー機からパソコンまで、幅広い用途でHDDを置き換え始めたSSD(solid state drive)。NANDフラッシュメモリーを記憶媒体とするこのストレージデバイスでは従来、主にHDD互換のインターフェースであるSATA(Serial ATA)が採用されてきた。これに対し、SATAよりも広帯域でしかも低レイテンシのインターフェースとして、SATAコントローラーを介さずプロセッサーと直接接続できるPCI Express(PCIe)を採用する動きが活発になっている。SATAではNANDフラッシュメモリーの高速性を生かせない利用場面が増えてきたからだ。

 SSDのインターフェースに、SATAに代えてPCIeを採用するメリットは大きく二つある。第1に、データ伝送帯域を広げられる。SSDの現行の標準インターフェースであるSATA 3.0のデータ伝送速度は最大6Gビット/秒。これに対し、PCIeの最新版であるPCIe 3.0のデータ伝送速度は最大8Gビット/秒(片方向)で、レーン数を増やせば帯域はさらに拡張できる。第2に、プロセッサーと直接接続できることから、レイテンシを低減できる。これらのメリットからPCIeは今後、SSDの主流のインターフェースになると見込まれている。

 PCIeインターフェースのSSD(以下、PCIe SSD)は、2011年ごろからデータセンターのサーバー機向けなどで採用が進み始めた。この動きを先導したPCIe SSDベンダーが、米Fusion-io社である。同社は2011年以降に売り上げを急拡大させ、米EMC社や米Intel社、米SanDisk社、韓国Samsung Electronics社など、多くの企業がPCIe SSD市場に参入するきっかけを作った。そして2014年6月には、SanDisk社がFusion-io社を11億米ドルで買収することを発表した(関連記事)。

Samsung社が2014年7月1~2日に開催したイベント「2014 Samsung SSD Global Summit」(韓国ソウル市)で展示した、PCIe SSD製品群
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング