• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス > そのHDD/SSDはなぜ壊れた?プロが教える故障の裏側

連載主旨
 工場の生産設備がHDDの故障で突然動かなくなった、社内システムのサーバーのHDDが次々に壊れる――。しかも、HDDを交換しても、すぐに同じ現象が発生する。どうして、頻繁に壊れるのか?装置メーカーに問い合わせても、明確な答えは得られない。実はそんな状況に陥っている企業ユーザーは少なくない。モーターのような稼働部品がなく、問題が少なさそうなSSDでも、同種の問題が発生している。

 なぜHDD/SSDは壊れ、障害を繰り返すのか。ストレージ故障原因究明のプロ、三映電子工業 システム開発部 マネージャーの飯島功造氏が迫る。

記事一覧

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓