設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

軌間可変電車(フリーゲージトレイン)

複雑な可変機構を軽量に実現することがカギ

木崎 健太郎=日経ものづくり
2014/06/05 00:00
印刷用ページ

 東海道新幹線の線路は、それまでの在来線よりも高速で安定的に運転できるように、レール同士の間隔を広くした。しかし、新幹線と在来線では同じ車両を走らせることはできない。後年、山形新幹線と秋田新幹線の工事では、新幹線から在来線へ電車を直通させるために在来線の線路を広くして、新幹線に合わせた。

 ところが2014年現在で一部着工している九州新幹線西九州ルート(新鳥栖-長崎間)は、線路が広い区間と狭い区間ができる見込みだ。新鳥栖-武雄温泉間は既存の在来線(長崎本線)の線路をそのまま使うことになっているためである。この状態での直通運転を想定し、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)は車輪の間隔を変えられる軌間可変電車(フリーゲージトレイン)の試験車両「FGT新試験車両」(4両編成)を製作して(図1)、2014年4月20日からJR九州の路線で走行実験を開始した。

図1●フリーゲージトレインの第3次試験車両
図1●フリーゲージトレインの第3次試験車両
川崎重工と日立製作所が製造した。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング