• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業IoTキーワードで読み解く最新トピック > CEP(complex event processing)

キーワードで読み解く最新トピック

CEP(complex event processing)

センサーが生み出すビッグデータをリアルタイム分析、適切なアクションを実行する

  • 神近 博三=日経テクノロジーオンライン
  • 2014/05/27 00:00
  • 1/2ページ

 CEP(complex event processing)とは、時系列で発生するストリームデータをコンピュータのインメモリーに展開し、あらかじめ設定した分析シナリオの条件に合致したら「特定のイベントが発生した」と判断し、それに対応するアクションを実行すること。日本語では「複合イベント処理」または「ストリームデータ処理」と呼ばれる。

 「特定のイベントが発生したら、対応するアクションを実行する」という処理は通常、業務処理などで発生したトランザクションデータをデータベース管理システムがいったんディスクに記録し、別のプログラムがそのデータを分析して実行することが多い。だがこのやり方では、データを構造化してディスクに記録した上で、ディスクからデータを読み出して分析するため、イベントの発生から実行まで少なくとも数秒単位の時間がかかる。

 これに対して、CEPではインメモリーにデータを直接展開するため、特定イベントの発生からミリ秒単位、あるいはそれ以下の高速実行が可能になる。分析対象となる時系列のストリームデータの長さは、数秒から数10分程度。インメモリーにデータを展開してリアルタイム分析するため、「DWH(data warehouse)」のように過去数ヵ月にわたって発生したデータを分析することはできないが、高速のリアルタイム処理を必要とする分野で広く利用されている。

 CEPが日本で話題になり始めたのは、2010年前後。それ以降、CEPを実行するためのソフトウエア製品が相次いで発売されている。独SAP社の「Sybase Aleri Streaming Platform」(現在は「Sybase Event Stream Processor」)、米IBM社の「IBM Infosphere Stream」、米TIBCO Software社の「TIBCO Business Events」、日立製作所の「uCosminexus Stream Data Platform」、日本マイクロソフトの「Microsoft StreamInsight」などである。

「uCosminexus Stream Data Platform」の仕組み
「uCosminexus Stream Data Platform」の仕組み
CQL(Continuous Query Language)は分析シナリオを記述するためのスクリプト言語(出典:日立製作所)

 これらの製品は、「特定イベントの発生を判断する分析シナリオ」「直近で何分(何秒)前までのストリームデータを分析対象とするか」などを設定する機能を備えている。

【技術者塾】(10/24開催)
不具合の未然防止に役立つ 組み込みソフトのモデリング

ソフトウエア技術者の設計力向上の勘所


ソフトウエア設計図(モデル)の具体例を紹介しながら基礎を解説します。「静的構造図」や「動的構造図」などを演習を通して作成。ソフトウエア技術者の設計力を高め、もっと速く楽に開発することを目指します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ