• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業サイトマスター便り > 【新産業】「リアル開発会議」の連載に高い関心、「遺伝子」「宇宙」も人気

サイトマスター便り

【新産業】「リアル開発会議」の連載に高い関心、「遺伝子」「宇宙」も人気

  • 大下 淳一=日経テクノロジーオンライン
  • 2014/05/30 00:00
  • 1/1ページ
 「Social Devices」「デジタルヘルス」「航空・宇宙」「ビッグデータ・M2M・IoT」「ロボット」「3Dプリンター」「ウエアラブル」「有機エレクトロニクス」「リアル開発会議」という九つのサブテーマから成るテーマサイト「新産業」。今回は、新事業や異業種連携を推進するコミュニティーとして日経BP社が立ち上げた「リアル開発会議」の記事が6本ランクインしました。

 このうち3本は“開発の鉄人”こと多喜義彦氏(システム・インテグレーション 代表取締役)の連載コラム「リアル言えない大事」から。『“開発の鉄人”がこっそり教える虎の巻』と題して、消費者ニーズのとらえ方や社員のモチベーションの引き出し方などを多喜氏ならではの視点で説いています。

 リアル開発会議の新連載「翔べ!白金夕暮れ団」からも2本がランクインしました。リアル開発会議の担当記者と、川口盛之助氏(盛之助 代表取締役社長)の打ち合わせが思わぬ方向に発展し…。スマホカバーの「照明スイッチ」に端を発した2人の会話が今後、どのような展開を見せるのか。ご期待ください。

 IHIとUMNファーマが設立したバイオ医薬品製造会社「UNIGEN」の小川敦嗣氏(取締役 副社長)による連載「異聞・新事業、七つの流儀」からは、「寄り合い所帯だから起きる化学反応の威力」がランクイン。IHIのプラント技術者だった小川氏がバイオ医薬品という新分野に挑む姿は、新事業創造に関わるさまざまなヒントを与えてくれます。

 この他では、3Dプリンター関連の記事が根強い人気です。今回は4本がランクイン。日本における3Dプリンター活用の遅れに警鐘を鳴らす新宅純二郎氏(東京大学大学院経済学研究科教授)のインタビュー記事や、世界の3Dプリンター事情を伝える「ボンサイ通信」、3Dプリンターのニーズや使いこなしのポイントを紹介する「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」などがよく読まれました。

 「遺伝子」「宇宙」も今回のランキングから読み取れるキーワードと言えます。前者については、個人向け遺伝子解析サービスに参入するヤフー、同社と協力関係にある東大発のベンチャー企業「ジーンクエスト」へのインタビュー記事が、それぞれ5位と6位にランクインしました。後者については、「はやぶさ2」に関するインタビュー記事がランキング首位を獲得し、深宇宙探査技術実験機「DESTINY」の記事が9位にランクインしました。

 今回も多彩な顔ぶれがそろったテーマサイト「新産業」。本サイトが発信する記事に引き続きご注目ください。

おすすめ