半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 
450mm化よりもファウンドリービジネス対応の装置・材料技術が求められる

450mm化よりもファウンドリービジネス対応の装置・材料技術が求められる

今、改めて問い直す450mmウエハーの意義【石野 雅彦氏】

2014/05/13 00:00
印刷用ページ

 半導体の技術と業界の今と未来を、さまざまな視座にいる識者が論じる「SCR大喜利」、今回のテーマは「今、改めて問い直す450mmウエハーの存在意義」である。第4回の回答者は、アドバンスト・リサーチ・ジャパンの石野雅彦氏。以下のような、他の回答者と同じ3つの質問を投げかけた。

石野雅彦(いしの まさひこ)
アドバンスト・リサーチ・ジャパン マネージング・ディレクター シニア・アナリスト

 山一証券経済研究所企業調査部、日本興業銀行産業調査部、三菱UFJモルガン・スタンレー証券エクイティリサーチ部を経て、アドバンスト・リサーチ・ジャパンでアナリスト業務を担う。その間一貫して、半導体、電子産業を対象にした調査・分析に従事している。

【質問1】現在の半導体業界の状況を鑑みて、450mmウエハー・ラインの開発を進める意義を感じますか?
【回答】 半導体、製造装置、材料メーカーの投資効率の観点から開発意義が低下している

【質問2】450mmウエハー・ラインの開発を継続するための必要条件は何だと考えますか?
【回答】 半導体主要3社の投資決断と450mmを使うべき半導体のアプリ需要の創造など

【質問3】困難な状況での開発の継続、または現時点での開発の中止、凍結で、製造装置メーカーには、どのような影響が及ぶと思われますか?
【回答】 ウエハーの大口径に代替する半導体の生産性向上に向けた装置・材料開発の加速化が挙げられる

【質問1の回答】半導体、製造装置、材料メーカーの投資効率の観点から開発意義が低下している

 450mmウエハー・ラインの開発は、次世代半導体の研究開発の意義があるが、半導体メーカーにとっての投資回収を考慮すれば、開発の優先順位は低下している。加えて、半導体ウエハー・メーカーの収益性から判断して450mmウエハーへの量産投資も妥当性が少ない。製造装置メーカーにとっては半導体メーカーおよび材料メーカーとの共同開発の意義が不明瞭になっている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング