電子機器 コンシューマから社会インフラまで機器の最新情報
 

USB PD

長年使われてきた「電源コンセント」の形が変わる

高橋 史忠=日経テクノロジーオンライン
2014/05/08 00:00
印刷用ページ

 日常生活で見慣れた電源コンセントの形状が大きく変わる可能性が出てきた。その中心になりそうなのが、デジタル機器のデータ通信インタフェースだ。USBやEthernetといったデータ通信インタフェースの接続口が、電源コンセントの役割を果たす。これらのインタフェースの接続口で、電力もデータもやり取りできる環境が整いつつある。(詳細は、日経エレクトロニクスの関連記事「すべてを飲み込むUSB、データに電源、4Kを一本で」)

電源コンセントの姿が変わる。写真は、Newer Technology社のUSBコンセント(日経エレクトロニクスの関連記事「すべてを飲み込むUSB、データに電源、4Kを一本で」から)

 100Wまでの電力供給に対応したUSBの技術仕様「USB Power Delivery Specification(USB PD)」に対応した製品が2014年中にも登場するとの見方が強まっている。これは電力の供給能力を現在の最大バスパワー4.5W(0.9A、5V)の20倍以上に高める仕様で、2012年7月に標準化団体が策定した。バスパワーは、データ通信をしながら供給できる電力を指している。

 100Wは、40型のディスプレーが動作する水準の電力だ。USB PDによって民生機器の大半を駆動できるようになる。USB PDに対応したモバイル端末向けの新しいコネクター仕様も姿を現した。2014年4月にUSBの標準化団体が中国で試作品を初めて公開した「Type-C」である。

 Type-Cコネクターは、開口部の大きさが従来のスマートフォンで採用している「Micro」仕様よりも小さい。最大データ伝送速度10Gビット/秒の「USB 3.1」に対応する。USB PDによる供給電力は、最大60Wになりそうだ。

データと電力の共通化で配線が簡素に

 既にUSBを電源ケーブルの代わりに用いる利用シーンは一般的になりつつある。ホテルや空港などの施設では、壁に設置したコンセントにUSB端子を追加するケースも出てきた。モバイル端末の充電用にテーブルにコンセントを設置するコーヒーショップなども街中で増えており、こうしたコンセントが次第にUSBに置き換えられていく可能性は高そうだ。

 電源コンセントと情報コンセントの共通化が進むインパクトは大きい。電力を供給しながら機器間ネットワークを構築する環境を整備しやすくなるからだ。

 例えば、ACアダプターで駆動する大型ディスプレーをハブにして、パソコンや外付けHDD、サブディスプレーなど複数の機器をUSBで接続する機器間ネットワークを実現できる。テレビや録画装置、ゲーム機などをUSBコンセントで動作させることも可能である。従来のように機器ごとに電力線とデータ線をそれぞれ用意する場合に比べて、ケーブル数が減り、配線が大幅に簡素になる。家庭内ネットワークに接続する機器が増え、たこ足配線で悩んでいるユーザーにとっては朗報だろう。

 このほか、USB PDには、モバイル機器のACアダプターを共通化できる利点もある。スマートフォンやタブレット端末、ノートパソコンを一つのACアダプターで駆動したり、充電したりできるようになる。持ち歩くモバイル端末が増える中で、電源アダプターの数が減ることへの期待は大きい。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング