電子機器 コンシューマから社会インフラまで機器の最新情報
 

MirrorLink

ホンダやトヨタ、VWが採用、着実に整うスマホと車載機の連携機構

中道 理=日経エレクトロニクス
2014/04/17 00:00
印刷用ページ

 スマートフォンで実行したアプリケーションソフトウエアを車載機に表示して利用する――。米Apple社が2014年3月3日に発表した「CarPlay」はiPhoneと車載機とを連携するものだった。

 実は、一部のAndroid端末では、既にこうした仕組みが利用可能だ。自動車メーカーやスマートフォンメーカーが参加する団体Car Connectivity Consortium(CCC)が策定している「MirrorLink」に対応した機器が増えているからだ。トヨタ自動車が新興国向けのディスプレーオーディオ、ホンダが国内市場向けの「FIT」や「N-WGN」向けの純正ナビで対応するなど 、徐々に採用が広がっている。

 「Mobile World Congress 2014(MWC2014)」では、CCCがブースを設置し、ホンダ、トヨタ自動車、独Volkswagen社などが商用の車載機を用意して、来場者に向けてMirrorLinkの使い方などを示していたので、これについて報告したい。

動作モデルは「シンクライアント」

 まず、最初にMirrorLinkの仕組みについて説明しよう。MirrorLinkはCarPlayと同じく、スマートフォンと車載機をUSBで接続して利用する。スマートフォンの画面を車載機に転送するために、画面転送プロトコルのVNCを活用している(図1)。通話音声や音楽のやり取りにBluetoothを使うことも可能だ。

図1:MirrorLinkの仕組み
[画像のクリックで拡大表示]

 MirrorLinkはMirrorLink対応の車載機とMirrorLink対応のスマートフォンの組み合わせでのみ動作する。MirrorLink対応の車載機はアルパインや、ソニー、パイオニア、パナソニックなどが既に市場に投入済みである。MirrorLink対応のスマートフォンは、台湾HTC社の「HTC One」、韓国Samsung Electronics社の「Galaxy S4」、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Z」などが対応している。現時点では、主にAndroid端末しか対応していないが、原理的には端末のソフトウエアプラットフォームを問わず利用可能だ(実際、フィンランドNokia社のSymbianを搭載した一部端末がMirrorLinkに対応している)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング