電子機器 コンシューマから社会インフラまで機器の最新情報
 

フラッシュストレージ

企業情報システムで注目、性能重視の専用タイプも相次ぎ登場

神近 博三=日経テクノロジーオンライン
2014/04/15 00:00
印刷用ページ
日立製作所のフラッシュストレージモジュール「HAF」(写真:日立製作所)
日立製作所のフラッシュストレージモジュール「HAF」(写真:日立製作所)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 フラッシュメモリーを利用したストレージのこと。フラッシュメモリー自体は1980年代に誕生してから30年近い歴史を持つが、2013年以降、特にNANDフラッシュメモリーを使ったフラッシュストレージが企業情報システムの記憶媒体として注目を集めている。

 フラッシュストレージが注目を集める理由は、大きく2つある。ひとつは、大量のデータを高速に分析する“ビッグデータ”アプリケーションや、大量のOSイメージを一気にロードする必要がある仮想デスクトップ(VDI)の利用が増えていること。これらの用途では、I/O(入出力)のレイテンシー(遅延時間)を抑えてリアルタイム性を高めるためにフラッシュストレージを積極的に利用したいというニーズがある。

 もうひとつはNANDフラッシュメモリーの価格性能比が向上したことである(関連記事)。プロセス技術の進歩で大容量化したことに加え、携帯電話、音楽プレーヤー、デジタルカメラなど消費者向けプロダクトの記録媒体として採用されたことが、容量当たりの低価格化に貢献している。現時点でフラッシュストレージの容量あたりコストは、HDDの7倍程度となっている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング