クルマ 自動車の最新技術を追う
 

テレマティクスによる自動車の進化をウォッチします

高田 隆=日経Automotive Technology
2014/04/01 17:32
印刷用ページ

 4月1日付で、日経Automotive Technology(AT)編集部に異動になりました高田です。日経BP社に入社してから約30年間、素材(鉄・化学)や通信・放送、企業IT(情報技術)などの最新動向をウォッチしてきました。技術面から自動車業界を担当するのは、今回が初めてになります。

 異動前に担当していたIT業界では、「クラウドコンピューティング」「ビッグデータ」「ソーシャルメディア(SNS)」「モバイル」という四つのメガトレンドが、企業のITシステムに大きな変化をもたらそうとしています。ビジネスに必要なITサービスを低コストでいつでも利用できる“新しいスタイルのIT時代”の到来が目前に迫っています。

 一方、自動車分野でも「ITとの連携」が急速に進んでいます。具体的には、車載型の無線通信システムを介してリアルタイムに情報をやり取りする「テレマティクス」です。走行データなどのプローブ情報や交通量情報、渋滞情報といったテレマティクスデータを、異業種のビジネスや公共分野などで活用する取り組みに注目しています。

 よく知られているのは、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」の走行データを、損害保険ジャパンが個人向け走行距離連動型自動車保険「ドラログ」で活用しているケースでしょう。このほかテレマティクスデータは、小売店のエリアマーケティングへの適用、商用車両の効率的な運航管理、事故発生率が高い交差点の改善といった新サービスを創出するのではないかと期待されています。

 もちろん、テレマティクスデータの活用によって、安全で快適な運転を実現することも重要です。「ITとの連携によって今後、自動車がどのように進化していくのか」をウォッチしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング