半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 
【SCR大喜利まとめ】微細化が止まるといったい何が起きるのか?

【SCR大喜利まとめ】微細化が止まるといったい何が起きるのか?

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2014/03/31 07:00
印刷用ページ

 長年、半導体の進化のドライバーであり続けてきた微細化技術は今、限界に近付きつつあるとされる。もし本当に微細化が止まってしまったら、電子機器の進化、さらには人類社会には何が起こるのか。日経BP半導体リサーチのコラム「SCR大喜利」で、4人の識者が意見を出し合った(表1)。

 今回のSCR大喜利では、「微細化終焉後の人間社会を展望する」をテーマとして、以下の三つの質問を半導体技術者や、業界の動きを常に追うコンサルタント、研究者など4人に投げかけて意見を募った。

【質問1】半導体(主にCPUのようなロジックLSIを想定)の微細化はいつごろ、どのような理由で止まると考えられますか?

【質問2】微細化が止まったとすると、人々の暮らしや社会基盤にはどのような影響を与えると考えられますか?

【質問3】微細化が止まったとすると、コンピュータや電子機器は何を基軸として進化すると考えられますか?

 回答者は、以下の通り。

湯之上隆氏  微細加工研究所 所長
「人類が滅亡するまで微細化は続く」参照

清水洋治氏  某半導体メーカー
「実装技術と電力低減が次なる進化軸に」参照

田口眞男氏  慶應義塾大学 特任教授
「「半導体ビジネスの分離」は未来の潮流に逆行する」参照

いち半導体部品ユーザー氏  某ICT関連企業
「回路の大規模化から数による分散化へのシフトが進む」参照

表1●「微細化終焉後の人間社会を展望する」をテーマにしたSCR大喜利での回答
4人の識者に投げかけた三つの質問に対する回答をまとめた。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング