日経テクノロジーオンライン

SCR大喜利

【SCR大喜利まとめ】装置業界のビッグ2の統合は半導体業界に何をもたらすか

テーマ「米Applied Materials社(AMAT)と東京エレクトロン(TEL)の経営統合を読み解く」の回答から

2014/03/18 07:00
大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
 2014年に予定されている、半導体製造装置メーカー首位の米Applied Materials社(AMAT)と、同3位の東京エレクトロン(TEL)の経営統合。国をまたぐ大型合併として、2013年9月の発表時から高い関心を集めているこの統合を、半導体業界のアナリストやコンサルタントはどのように読み解くのか。日経BP半導体リサーチのコラム「SCR大喜利」で、5人の識者が意見を出し合った(表1)。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。