半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 
【SCR大喜利まとめ】装置業界のビッグ2の統合は半導体業界に何をもたらすか

【SCR大喜利まとめ】装置業界のビッグ2の統合は半導体業界に何をもたらすか

テーマ「米Applied Materials社(AMAT)と東京エレクトロン(TEL)の経営統合を読み解く」の回答から

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2014/03/18 07:00
印刷用ページ

 2014年に予定されている、半導体製造装置メーカー首位の米Applied Materials社(AMAT)と、同3位の東京エレクトロン(TEL)の経営統合。国をまたぐ大型合併として、2013年9月の発表時から高い関心を集めているこの統合を、半導体業界のアナリストやコンサルタントはどのように読み解くのか。日経BP半導体リサーチのコラム「SCR大喜利」で、5人の識者が意見を出し合った(表1)。

 今回のSCR大喜利では、「米Applied Materials社(AMAT)と東京エレクトロン(TEL)の経営統合を読み解く」をテーマとして、以下の三つの質問を5人のトップアナリスト、コンサルタントに投げかけて意見を募った。

【質問1】2社の経営統合の背景にあるのは、半導体業界のどのような構造変化でしょうか?
【質問2】2社の経営統合は半導体業界にどのような動きをもたらす契機となるでしょうか?
【質問3】半導体の技術進化(微細化/3次元化/大口径化など..)にはどのような影響を与えるでしょうか?

回答者は以下の通り。

石野雅彦氏 アドバンスト・リサーチ・ジャパン マネージング・ディレクター シニア・アナリスト 佐藤文昭氏 産業創成アドバイザリー 代表取締役 服部 毅氏 服部コンサルティング インターナショナル 代表 三ツ谷翔太氏 アーサー・D・リトル(ジャパン) マネジャー 和田木哲哉氏 野村證券 グローバル・リサーチ本部 エクイティ・リサーチ部 エレクトロニクス・チーム マネージング・ディレクター

表1●「米Applied Materials社(AMAT)と東京エレクトロン(TEL)の経営統合を読み解く」をテーマにしたSCR大喜利での回答
5人の識者に投げかけた三つの質問に対する回答をまとめた。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング