• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスキーワードで読み解く最新トピック > 450mmウエハー

キーワードで読み解く最新トピック

450mmウエハー

メーカー数激減で、次世代ウエハー実用化に暗雲

  • 大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
  • 2014/03/19 00:00
  • 1/3ページ
450mmウエハー(左)と同ウエハー上に形成した微細パターン(G450Cのデータ)
450mmウエハー(左)と同ウエハー上に形成した微細パターン(G450Cのデータ)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 現在、マイクロプロセッサーやフラッシュメモリー、DRAMなど最先端世代の半導体の生産には直径が300mmの半導体(シリコン)ウエハーが使われている。これに続く次世代の半導体ウエハーとして開発が進められているのが、直径が450mmのウエハーである。2017~2018年ごろから量産に使われると考えられている。

 半導体業界ではこれまで、およそ10年ごとにウエハーを大口径化してきた。ウエハーを大口径化すると、ウエハー1枚から取得できる半導体チップ数が増え、半導体チップの製造コストを低減できるからだ。300mmウエハーが量産に使われ始めたのは2000年代前半。従来の大口径化のペースに従えば、2014年時点で450mmへの大口径化が実現していてもおかしくない。つまり、450mmへの大口径化は従来の予想よりも遅れている。

 この背景には、最先端の半導体に設備投資できる半導体メーカー数が、激減していることがある。300mmウエハーを導入した半導体メーカー数が20社を超えたのに対し、450mmウエハーを導入できる半導体メーカーは米Intel社や韓国Samsung Electronics社、台湾TSMCなど4~5社に限られると見られている。

 そのため、450mmウエハーによる半導体生産環境を整える立場にあるサプライヤー(製造装置メーカーや部材メーカー)にとっては、450mmウエハーへの投資を回収できるかどうかが不透明になっている。450mmウエハー対応に向けた開発投資は膨大な金額に達すると試算されているからだ(関連記事1)。そこで従来は、サプライヤーが450mmウエハーに対応するための技術開発にあまり力を入れてこなかった経緯がある。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ