クルマ 自動車の最新技術を追う
 
トヨタとVW、同族ながら異なる経営

トヨタとVW、同族ながら異なる経営

トヨタ対VW(フォルクスワーゲン) 2020年の覇者をめざす最強企業、中西孝樹著、1500円(税別)、日本経済新聞出版社

浅沼ヒロシ=ブック・レビュアー
2014/03/01 00:00
印刷用ページ
トヨタ対VW(フォルクスワーゲン) 2020年の覇者をめざす最強企業、中西孝樹著、1500円(税別)、単行本(ソフトカバー)、286ページ、日本経済新聞出版社 、2013年11月
トヨタ対VW(フォルクスワーゲン) 2020年の覇者をめざす最強企業、中西孝樹著、1500円(税別)、単行本(ソフトカバー)、286ページ、日本経済新聞出版社 、2013年11月
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 日本、米国、ドイツの自動車会社トップ3を比較し、自動車産業の現状と構造的問題を明らかにした『激突―トヨタ、GM、VWの熾烈な闘い』という本がある。日本語版が出版されたのは1994年なのだが、この本のなかで著者のマリアン・ケラー氏は、世界で最もすぐれた会社は「一番最近に大きな問題を克服した会社」とし、「いま現在それにあたるのはGMである」と結論した。

 『激突』が世に出てから20年。自動車産業の覇権を争った3社のうち、GMは繁栄を極めた後に破綻を経験した。代わりにトヨタがトップに立ったが、ケラー氏が最も懸念を抱いていたVWが激しい勢いでトヨタを追い越そうとしている。GMが最も優れた会社である、というケラー氏の評価は、10年のスパンであれば的中していたのだが、20年後の未来を正確に見通すことはできなかったのだ。

 自動車産業は非常に複雑で、激しく変化し、政治的な影響を受けやすいビジネスである。本書は、いま激動の自動車産業のトップ争いを繰り広げるトヨタとVWに焦点を当て、2020年という近未来に向かう2社の戦略と成長シナリオを客観的に分析する。勝者を安易に予測するのではなく、予想される闘いの構図の中から混沌とする自動車産業の中で勝利できる真の競争力の秘密を探り出すことを目指している。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング