クルマ 自動車の最新技術を追う
 

「フィット」のDCTで3回目のリコール

林 達彦=日経Automotive Technology
2014/02/18 17:24
印刷用ページ

 ホンダが2013年に発売した「フィット」のハイブリッド車で、早くも3回目のリコールがありました。1回目は、2013年10月に起きたDCT(Dual Clutch Transmission)のECU(電子制御ユニット)のプログラムに不具合があり、モータ走行モードでドグとスリーブがかみ合わず走行できなくなる恐れがあるというもの。

 2回目は12月に発覚した、エンジンECUや変速機ECUにおけるプログラム不具合によって、エンジンがストールしたり、駐車状態から起動しなくなる恐れがあるものです。そして、最後は2014年2月に発表された、1速歯車のハブ上をスリーブが滑らかに動かず、1速がかみ合わなかったり、突然発進する可能性があるというものでした。

 最後のリコールはフィットだけでなく、小型SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の「ベゼル」も含まれており、対象車種は3回の合計で12万2336台にも上ります。フィットの販売が好調であったために、対象車も多いという結果になりました。

 このうち、最後の1件を除き、いずれもECU内のプログラムが原因です。フィットに採用したDCTのハイブリッドシステム「i-DCD」をはじめ、一気に3種類のハイブリッドシステムを新開発し、燃費を徹底的に高めたホンダですが、クラッチ、変速と複雑な制御が求められるDCTの制御プログラムの検証体制が不十分であった可能性があります。

 開発段階で最も時間がかかるのは、品質を100%まで高めるための最後の工程です。かつてデンソーでオートワイパーを開発した寺倉修氏(技術支援会社のワールドテック社長)によれば、「品質の99%はまだ開発の5合目レベル。最後の1~2%を詰めるのに膨大な工数とエネルギーが必要」といいます。同じ新開発のハイブリッドシステムでも「アコード」の2モータシステム「i-MMD」ではリコールは起こっていません。両者の開発プロセスで何が違ったのか、しっかりと解明してもらいたいものです。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング