電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

LED照明の未来は明るいのか?

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2014/02/19 05:00
印刷用ページ

 「国内のLED照明市場は、2015年をピークと想定している」(アイリスオーヤマ 執行役員 LED事業本部長の石田敬氏)――。

 驚きました。成長領域と期待されていたLED照明市場が早くも、来年を境に縮小を始めるというのです。これはLED照明導入の先進国である日本だからこそという事情はあるものの、想像を超えるスピードでLED照明の導入が進んでいるようです。

図1 2014年1月30日の共同記者会見の様子。アイリスオーヤマ代表取締役社長の大山健太郎氏(右)とフィリップス エレクトロニクス ジャパン代表取締役社長のDanny Risberg氏(左)が手を握った。

よみがえる2年前の記憶…

 この想定が示されたのは、2014年1月30日にアイリスオーヤマがオランダRoyal Philips Electronics社の日本法人であるフィリップス エレクトロニクス ジャパンと開いた記者会見でのことでした( Tech-On! 関連記事)。両社は屋外用照明および産業用照明分野の国内販売で提携する契約を結んだことを発表しました(図1)。

 今回の提携に関してPhilips社の照明事業部門で新興国市場を担当するChristoph Schell氏(シンガポールPhilips Electronics Singapore Pte社 Lighting Growth Markets President)は本誌の取材に対して「日本市場が縮小を始めようとしている状況に危機感はある。だが、我々は単にLEDの素子や電球を供給するのではなく、照明による価値の提供に注力して成長する」と力強く語りました。

 この“価値”という言葉を聞いて、2年前の記憶がふとよみがえってきました。ドイツのフランクフルトで聞いた次の一言です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング