エネルギー
 

南より西向き有利――米国の太陽光発電の「意外な事実」

菊池珠夫=日経BPクリーンテック研究所
2014/02/17 00:00
印刷用ページ

 米テキサス州オースチンで行われている「ピーカンストリートプロジェクト」から太陽光パネルに関する興味深いレポートが報告された。住宅の屋根に設置する太陽光パネルが、南向きよりも西向きの方が系統電力網への負担が軽くなり、信頼性向上に効果的という内容だ。

 ピーカンストリートプロジェクトは、2011年2月からオースチンのミューラー(Mueller)地区でフィールド試験を開始、住宅における電力消費データを蓄積している。ミューラー地区は空港を住宅地として再開発した地域だ。プロジェクトに参加する住宅は約250軒。そのうち約200軒には屋根に太陽光発電パネルが設置され、約50軒はEV(電気自動車)を所有している(図1)。2013年12月、ミューラー地区を訪問し、最新の成果を聞いてきた。

図1 ピーカンストリートプロジェクトが行われているミューラー地区
約200軒の住宅に太陽光パネルを設置。空港の跡地を住宅地開発した
[画像のクリックで拡大表示]
日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング