半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 
シーズは大きく変化しないが、ニーズ側でIoTなど新しい芽

シーズは大きく変化しないが、ニーズ側でIoTなど新しい芽

2014年の半導体/エレ業界を占う【技術動向編:清水洋治氏】

2014/02/18 07:00
印刷用ページ

 「SCR大喜利」二つ目のテーマである「2014年の半導体/エレクトロニクス業界を占う【技術動向編】」。2014年に注目される技術開発の動きについて、技術者や半導体ユーザーなど4人の識者に聞いた。第3回の今回は、本誌でコラム「清水洋治の半導体産業俯瞰」を連載中の某半導体メーカーの清水洋治氏を回答者として招き、以下の三つの質問について聞いた。

清水洋治(しみず ひろはる)
某半導体メーカー
某半導体メーカーで、(1)半導体の開発設計、(2)マーケット調査と市場理解、(3)機器の分解や半導体チップ調査、(4)人材育成、という四つの業務に従事中。この間、10年間の米国駐在や他社との協業を経験してきた。日経BP半導体リサーチにて、半導体産業に関わるさまざまなトピックスを取り上げつつ、日本の半導体産業が向かうべき方向性を提起する連載コラム「清水洋治の半導体産業俯瞰」を連載中。

【質問1】2014年、ブレークする可能性が高いと半導体技術は何か?
【回答】 新技術としては、特に変化のない1年

【質問2】2014年、半導体業界が解決に向けて注力すべきと考える技術課題とは?
【回答】 低消費電力化技術への注力が、より重要に

【質問3】2014年、半導体業界に大きな影響を与えると考える電子技術、機器、サービスは?
【回答】 異業種間接続を伴うIoT関連の動きに期待

【質問3の回答】異業種間接続を伴うIoT関連の動きに期待

 ウェアラブル関連で、多くの製品が出回ると思う。ただし、半導体業界に大きな影響を与えるレベルに至るとは思えない。一方で、異業種間接続を伴うIoTで、おもしろいアイディアの芽が生まれる瞬間が見られるかもしれないと期待している。そこを見逃さないようにウォッチしておきたいと考えている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング