• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス台湾・中国 中根レポート > 売上高2兆円で利益7000億円のTSMC、今年も業界上回る成長見込む

台湾・中国 中根レポート

売上高2兆円で利益7000億円のTSMC、今年も業界上回る成長見込む

  • 中根 康夫=ドイツ証券
  • 2014/02/13 06:00
  • 1/4ページ

 TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing社)の第4四半期(4Q)売上高は、対前年比(YOY)+11%、対前四半期比(QOQ)-10%の1458億600万NTドルと事前予想の1440億~1470億NTドルに収まった。サプライチェーン(同社顧客やセットメーカー)内の在庫管理がうまくいかなかった影響を受けたとしている。売上高総利益は648億6200万NTドル(YOY+4%、QOQ-18%)。営業利益477億5400万NTドル(YOY+3%、QOQ-20%)、当期利益447億8700万NTドル(同+8%、-14%)といずれもQOQでは減益となったもののYOYでは増益を維持している。

 売上高総利益率は、事前予想の44~46%に対して実績はQOQ-4.0%ポイント低下の44.5%。営業利益率は、事前予想の32~34%に対して、実績はQOQ-3.9%低下の32.8%だった。ともに事前予想の範囲内だった。

 出荷数量は、200mmウエハー換算でQOQ-8%減少の386万8000万(3Qは419万4000枚)。生産能力(200mmウエハー換算)は、28nmプロセスの能力拡張によって430万7000枚/Q(QOQ +1%)と会社想定通り。米ドルベースでのASP(平均単価)はQOQ-0.9%。稼働率はQOQ-8%ポイント低下の89%。

 売上高構成比は、通信が51%(3Q:53%)、産業用その他が同23%(同20%)、コンピューターが13%(同13%)、コンシューマーが13%(同14%)。プロセス別の売上構成比率は、先端プロセスの28nmと40/45nmの合計が51%(3Qは52%)。なお、28nmはQOQ+2%ポイント上昇の34%となり売上高の絶対額はYOY+71%、QOQ-5%。顧客ではファブレス、システムメーカーが87%を占め、IDM(integrated device manufacturer)は13%。増収率は、それぞれYOY+11%でQOQ-10%、同+11%で-10%。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓