半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

トリリオン・センサー

桁違いにカバー範囲が広いセンサーネットを実現

三宅 常之=日経エレクトロニクス
2014/01/20 00:00
印刷用ページ
大量のセンサーのイメージ
出展:『NIKKEI MICRODEVICES』2006年8月号
[画像のクリックで拡大表示]

 毎年1兆個規模の大量のセンサーを社会が消費し活用する。そうした近未来のセンサー社会を構成するセンサーを「トリリオン・センサー(trillion sensor)」と呼ぶ。1兆個は、現在のセンサー需要の100倍に当たり、人類が毎年平均150個を使う数である。カバー範囲が桁違いに広いセンサー・ネットワークが張り巡らされた「Trillion Sensors Universe」を実現させることにもなる。

 トリリオン・センサーは、ICT(情報通信技術)との連携によって、さまざまな社会課題の解決に貢献する「ソーシャル・デバイス」でもある。ソーシャル・デバイスとしての特徴は、供給量がふんだんで誰もがコストや供給を気にせずに使える点にある(関連記事1)。

 トリリオン・センサーがカバーできる応用範囲は、医療、薬品、農畜産、食品、物流、流通、建築・土木などの非エレクトロニクス分野を含む。広範なだけに多くの関係者が従来できなかった課題解決の可能性に期待を寄せているようだ。トリリオン・センサーの関係者を一堂に集めて2014年2月に東京で開催するサミット「Trillion Sensors Summit Japan」でも、医薬分野のセンサー、味覚センサー、コンビニエンスストアの省エネ化に向けたセンサー、ロボットの体表を覆う触覚センサーなどの講演が予定されている(関連記事2関連記事3)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング