デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 
日本のDRAM、「安すぎる」と非難され、やがて「高すぎて」売れなくなる

日本のDRAM、「安すぎる」と非難され、やがて「高すぎて」売れなくなる

汎用コンピュータの覇権をパソコンで失った理由

西村吉雄=技術ジャーナリスト
2014/02/20 00:00
印刷用ページ

 1970年9月、米IBM社は同社汎用コンピュータの最新鋭機「システム/370モデル145」のメイン・メモリ(主記憶)に、半導体メモリを採用すると発表した。半導体業界の人々には、この発表は「神の再臨を告げるトランペットのように聞こえただろう」[「米IBM社 ICメモリーに全力投球」、『日経エレクトロニクス』、1970年12月1日号(特別情報版)、pp.38-39(原典はElectronics,Oct. 12,1970)]。半導体集積回路産業に、コンピュータ・メモリという大市場が、こうして出現する。

 当時のコンピュータのメイン・メモリには、主に磁気コア・メモリが使われていた。これが1970年代になって、半導体メモリで置き換えられていく。

DRAMが主役となり、ムーアの法則に従って進歩

 半導体メモリのなかでも、MOS型のDRAM(ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ)が、メイン・メモリの主役となり、大市場を形成する。この市場を最初に制したのは、米国の半導体メーカーである。1970年代は米国のシェアが最大だ(図1)。

図1 DRAMの地域別シェア推移
出典:湯之上、「エルピーダとは一体何だったのか」、JBpress、2012年4月5日(原データはデータクエスト)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intel社が世に出した1Kビットの「1103」が事実上、最初のDRAM製品と言えよう。以後しばらくは、平均すると3年ごとに4倍のビット数のDRAMが次々に世代交代して市場を制した。1Kビット時代の覇者は当然Intel社である。4Kビットでは米Texas Instruments社、16Kビットでは米Mostek社が、DRAMのトップ・サプライヤーとなる。

 3年ごとに記憶容量4倍のDRAMが登場することによって、DRAMはムーアの法則を可視化し、世に広めた。ムーアの法則の原型を確認しておこう。

 後にIntel社の創業者の一人となるGordon E. Moore氏は、集積回路の集積密度の増加傾向を経験的に整理し、1965年に発表した[Moore,“Cramming More Components onto Integrated Circuits,” Electronics,Apr. 15,1965,pp.114-117]。その後やや修正され、集積回路の1チップに載る素子数は18カ月ごとに2倍になると表現された。これがムーアの法則である。18カ月に2倍は3年で4倍に相当する。例えばメモリなら、1チップのビット数が3年で4倍の割合で増えていく。これは長く当てはまり、ムーアの法則の権威を高めた。3年で4倍は10年で100倍である。それが30年以上続いている。30年なら100万倍だ。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング