デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 
鎖国のときは栄え、開国したら衰退

鎖国のときは栄え、開国したら衰退

市場のグローバル化で精彩を失った日本のパソコン

西村吉雄=技術ジャーナリスト
2014/02/06 00:00
印刷用ページ

 コンピュータ市場では、汎用コンピュータ(メインフレーム)からパーソナル・コンピュータ(パソコン)への転換が、1985年前後に起こる。この転換は日本の半導体事業に大きな影響を与えた。この半導体の問題については、連載進行のなかで、後に詳しく考える。

 汎用コンピュータからパソコンへの転換が日本市場で起こるのは1990年代前半である(図1)。世界市場における転換よりは遅かった。日本では世界標準とは別の、日本独特のパソコン市場(一種の「鎖国」市場)が形成されたからである。

図1 汎用コンピュータとパソコンの生産金額推移。パソコンの生産単価も合わせて示す
資料:経済産業省機械統計
[画像のクリックで拡大表示]

 日本のコンピュータ事業は一般に、日本固有の性格が強い。テレビなどの民生機器と違って、コンピュータ関連製品の輸出は今も昔も大きくない。2000年以後、貿易収支は赤字である。国内生産も激減しており、2000年以後の退潮傾向はコンピュータ分野でも著しい(図2)。

図2 コンピュータ(電子計算機および関連装置)の生産・輸出・輸入の年次推移
資料:経済産業省機械統計,財務省貿易統計
[画像のクリックで拡大表示]

日本語ワードプロセッサが1978年に登場

 日本特有のコンピュータ事業、その象徴的存在が、日本語ワードプロセッサ(ワープロ)である。1978年、東芝が初の日本語ワードプロセッサ「JW-10」を発表する。価格は630万円。かな文字をキーボードから入力し、漢字かな交じりの文章に変換する。すなわち「かな漢字変換」機能を持ったシステムだった。この「日本語ワードプロセッサ」のインパクトは大きい。「日本語の文章を作成する」という行為が、「紙に手書きで文字を書く」という行為から離れるきっかけとなる。

 もちろん和文タイプライターは早くから存在していた。しかしこれは、1000以上の文字が並んだ盤面から、文字を一つずつ選ぶ仕組みである。熟練オペレータによる操作が必要な、複雑な機械だった。また文章作成機というより、完成した原稿を入力し、印刷する装置という性格のものである。

 ただし日本語ワープロを、文章作成装置としてではなく、完成原稿の清書装置として用いる使い方は、かなり後まで残る。キーボードから、いかに速く正確に日本語を入力するか、そのためのキーボードはどうあるべきか、こういった問題が長く議論の対象となり、さまざまな文字配列のキーボードが市場で競い合った。

 けれども次第に、次のような認識が結果として広まる。「手書き原稿を清書するより、初めからワープロで文章を作成した方が、結局は速い。文章作成の速さを決めるのは、キーボードからの入力速度ではなく、文章を創造する頭脳だ」。キーボードは普通の欧文配列が主流となる。多くの日本人がローマ字で日本語を入力している。それで困るという話は、今ではほとんど聞かれない。

電子立国は、なぜ凋落したか

かつて世界を席巻し、自動車と並ぶ外貨の稼ぎ頭だった日本の電子産業。今や、それは夢まぼろしである。そうなってしまった本当の原因は何か。多面的な視点で解き明かす

2013年、日本の電子産業の貿易収支は、とうとう赤字になった。同じ2013年の国内生産金額は約11兆円にまで縮小する。2000年に達成したピーク26兆円の半分以下である。電子立国とまで讃えられた日本の電子産業が、なぜここまで凋落してしまったのか。私も、この疑問から出発した。特に凋落が、なぜ他産業ではなく電子産業なのか、他国ではなく日本なのか、これを理解したかった。そうして調べてみた結果が本書である。(著者)

日経テクノロジーオンラインの人気連載を大幅に加筆し、書籍化! ご購入は >>>こちら
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング