• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 
ファウンドリ後工程のASEとSPILの3Q決算は好調、4Qは調整も小幅と示唆

ファウンドリ後工程のASEとSPILの3Q決算は好調、4Qは調整も小幅と示唆

中根 康夫=ドイツ証券
2013/12/17 12:00
1/3ページ

 後工程では最大手Advanced Semiconductor Engineering(ASE)の2013年第3四半期(3Q)業績が、対前四半期(QOQ)増収増益で、4Q事前予想も堅調維持を示唆している。

 売上高は567億5000万NT ドル(YOY+16%、QOQ+12%)。2010 年2 月よりEMS (Electronics Manufacturing Service)事業を手掛けるUniversal Scientific Industrial(USI)が同社の連結対象となったが、以下ではUSI の売上高を除いたATM(assembly test and material)事業の同社3Q業績を記載する。

 3Qの同社ATM事業 は378億1000万NTドル(YOY+12%、QOQ+4%)と事前予想(QOQ+1~+5%)の範囲内に収まった。売上高総利益率は、原材料価格の下落やプロダクト・ミックスの改善(Cu配線対応およびSIPパッケ-ジの比率上昇など)によってQOQ+1.5%ポイント上昇の25.5%と、事前予想(QOQ横ばいの24.0%ないしは若干の上昇)を上回った。営業利益は53.8億NTドル(QOQ+12.0%)、営業利益率はQOQ+0.9%ポイント上昇の14.2%。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(2/29開催)
玩具や白物家電など日常製品から新たな電子化を読む

〜分解・分析からの未来展望シリーズ 「電子玩具」〜


「未来展望」シリーズの「電子玩具」編。玩具や白物家電など日常製品に見られる大きな電子化の変化を電子部品の立場から解説。クルマや時計などの市場を明示した上で、付加価値を高めるために一層強化すべき方向性を未来予測として提示します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月29日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング