• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEクルマ和田憲一郎の一車両断! > 「レンジエクステンダー付きEV」という矛盾

和田憲一郎の一車両断!

「レンジエクステンダー付きEV」という矛盾

  • 和田 憲一郎=開発イノベーション コンサルタント、エレクトリフィケーション コンサルティング代表
  • 2013/12/05 00:00
  • 1/3ページ

 「一車両断!」の第5回は、米GM社が開発したプラグインハイブリッド車(PHEV)「Chevrolet Volt」に注目する(図1)。発売当初は苦戦していたVoltだが、最近、米国におけるPHEV/電気自動車(EV)分野で販売トップに立った。健闘している要因を考える。

 2010年に発売されたVoltの前評判は高かったにも関わらず、販売台数は伸び悩んだ。2012年にはLiイオン2次電池が発火する事故が起きて無償で回収したこともある。その際は生産拠点であるデトロイト市のハムトラムク工場の従業員を一時帰休させることで対応するなどし、メディアに話題を振りまいた。

 低空飛行していたVoltだが、最近になって状況が変わっている。2012年後半ごろに販売が上向き始め、米国における2013年1~10月の販売台数は1万8782台に達した。日産自動車のEV「Leaf」が1万8078台、トヨタ自動車のPHEV「Prius PHV」が1万69台なので、米国におけるPHEV/EV分野でトップに立つ。

図1 GM社「Chevrolet Volt」の外観

おすすめ

あなたにおすすめ