• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス今さら聞けない無線の話 > 第16回 Bluetoothのはなし(2)

今さら聞けない無線の話

第16回 Bluetoothのはなし(2)

  • 佐々木 勇治=サイレックス・テクノロジー
  • 2013/11/15 00:00
  • 1/5ページ

 Bluetooth 4.0 は 2011 年 6 月に公開された、現時点における Bluetooth の最新仕様です。4.0 の特徴は「Low Energy(LE)」と「アトリビュート(ATT)」という仕様を取り入れたことですが、今回はこの2点に重点を置いて解説します。

Bluetooth のバージョンと仕様について

 まず明らかにしておきたいのは、「Bluetooth Low Energy(LE)」と「Bluetooth 4.0」という用語の定義は同じではない、ということです。「Bluetooth LE」は Bluetooth 4.0で新たに追加された新しい通信方式ですが、「Bluetooth 4.0」は以前の Bluetooth バージョンの仕様のすべて(2.1で追加された高速モードのEDRや、3.0で追加された超高速モードHSも)を含んでいいます。つまり「Bluetooth X.X」という表記はプロトコル仕様であってハードウエア仕様を示すものではなく、ハードウエア拡張仕様についてはバージョンの後に付く「EDR」とか「HS」とか「LE」によって示されるのです。例を挙げると
「Bluetooth 1.2」...1Mビット/秒のBluetooth(BDR)
「Bluetooth 2.1」...1Mビット/秒のBluetooth、SSPペアリングなどの拡張仕様に対応
「Bluetooth 2.1+EDR」...上に加えて2Mビット/秒/3Mビット/秒のEDR高速モード対応
「Bluetooth 3.0+EDR」...上に加えて拡張省電力モード(EPC)などに対応
「Bluetooth 3.0+HS」...上に加えてWiFi利用の超高速モード(HS)に対応
「Bluetooth 4.0+HS」...上に加えてGATTアトリビュートに対応
「Bluetooth 4.0LE」...GATTアトリビュートに対応、LEモードに対応(ただし、この表記からBDR/EDR対応状況は読み取れない)

 ややこしいですね。この対応関係は2.1(+EDR)までは比較的シンプルだったのですが、モードの増えた3.0以降でだんだん曖昧となり、「Bluetooth 3.0」を名乗っていてもHSどころかEDRにも対応していない製品もあります。4.0仕様のフルスペックになるとPHY層だけで4種類も(BDR、EDR、HS、LE)あり得るわけで、単に「Bluetooth 4.0対応」とだけ書かれても、どの通信モードに対応しているのか分かりません。だからといっていちいち全スペック並べて「Bluetooth 4.0LE+EDR+HS」と書くのもまどろっこしいです。

 Bluetooth SIGでも、これが問題だと考えたのか「Bluetooth SMART」(LE単機能デバイス)と「Bluetooth Smart Ready」(LEとレガシイBluetoothの両方に対応したデバイス」という用語を作って普及に努めています。なお、「レガシイBluetooth」というのは正式な用語ではありませんが、この記事中では2.1以前のBDR/EDR Bluetoothのことを便宜上そう呼ぶことにします。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓