• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス台湾・中国 中根レポート > 「有機ELテレビ普及は遅れる」―台湾AUO社が見通し

台湾・中国 中根レポート

「有機ELテレビ普及は遅れる」―台湾AUO社が見通し

  • 中根 康夫=ドイツ証券
  • 2013/11/14 06:00
  • 1/5ページ

 台湾TFT液晶パネル最大手の一角を占めるAUO(以下「同社」)は、2013年第3四半期(3Q)決算説明会を2013年10月30日に実施した。連結売上高は、対前年比(YOY)+4%、対前四半期比(QOQ)-5%の1070億8100万NTドル。QOQ減収は、テレビ向けパネルの出荷減と価格下落による。

 売上高総利益は102億6600万NTドル(YOY黒字転換、QOQ-11%)、営業利益33億7400万NTドル(同黒字転換、-35%)、当期利益25億1000万NTドル(同黒字転換、-37%)。売上高総利益率はQOQ-0.7%ポイント低下の9.6%。営業利益率はQOQ-1.4%ポイント低下の3.2%となった。

 3Qの出荷量(面積ベース)はQOQ-3%。大型パネルは出荷数量QOQ-4%と事前予想(QOQ横ばい)を下回り、中小型パネルは出荷数量QOQ+21%と事前予想(QOQ1桁台の増加)を上回った。中小型パネル出荷は計画を上回る大幅増(YOY+4%、QOQ+21%)、このうちHD(1280×720)以上の精細度のパネルが6割以上を占めている。面積ベースでの平均単価はQOQ3%低下した。なお、稼働率はQOQ2%程度の低下である。

 在庫はQOQ-1%(2Qの418億1000万NTドルから3Qの415億1100万NTドル)、在庫回転日数は39日(2Qは40日)と、過去2年で一番低い水準である。

 応用製品別の売上高構成比は、テレビ 向け44%、ノート・パソコン/タブレット向け17%、モニター向け15%、民生機器向け(中小型)18%、その他6%である。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓